スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 夏アニメも最終回を迎えたので感想

毎度のことながら
4月~9まで放映されていた2クールアニメと
7月~9月まで放映されていた1クールアニメを見終わりましたので感想を書きます。


「機動戦士ガンダムAGE」
1年放送していたガンダムAGEもついに終了。
途中のアセム編のスーパーパイロットのくだりが個人的にはピークでした。
正直、面白いか面白くないのどちらかと言えば後者ですが
作品のテーマの一貫となった「ヴェイガン」との戦争はきちんと最後まで
投げ出さずに書かれているのでテーマは守っているのは良しとした所。
色々と使い捨てキャラが多かったり矛盾点が多かったりと
本編のストーリーは薄っぺらい描写が多いのですが、OPの作りこみや
「ガンダム」というMSはAGEシリーズだけというここ最近のガンダム作品にある「ガンダム」のオンパレードになっていない所は個人的に良い点です。
またヴェイガンのMSのデザインなども個性的とストーリー以外は色々見所はあったので
これはこれで一つのガンダム作品としては受け入れてます。

ゆるゆりw
「ゆるゆり」
1期の頃と同じくギャグアニメとして安定した面白さ毎週保っていました。
2期になってから原作に近い演出が多くなった
個人的にはちなつが顔芸キャラになりはじめたのが面白かったです。
あのEDは絶対忘れないw
また、1期に比べ綾乃の出番が減り、ひまさく(向日葵、桜子)の出番が増えたというのも
今回の特徴ですね。
また、サブキャラに各キャラの姉妹が出てくるなど1期に比べキャラが多い分
登場人物を飽きさせない所も良かったです。


「TARI TARI」
毎週安定した面白さを持っていたTARITARI。一言で言えば綺麗な作品でした。
音楽をテーマとしているだけあって声優人は合唱が得意な実力派の人を配役にした点も〇です。
登場人物がキャラクターしているより、ヒトとして動いてる部分が多く
リアルな描写がそれぞれ登場人物達に青春を謳歌しているという感じでした。
伏線の貼り方や息抜きのギャグ回など、1クールアニメとしては無駄がなく
あざとさやくどさの加減も出来ており、見やすい部分も素晴らしかったです。
個人的には色んな人にオススメしたい良い青春アニメでした。


「アクセル・ワールド」
王道厨ニ作品としては良い作品でした。
わかりやすい世界観で、主人公もデブでアバターもあまり格好良くないという
新しさがありました。
久々に主人公が修行して強くなったという描写を見た気がしましたね。
物語の中身としてはそこまで凝ったものではないのですが
連載中の原作付きアニメとしてよくある、中途半端な所で終わる所を
きちんと最初から最後まで一つの作品として見られる所もグッドでした。

最近アニメに時間を沸く機会が減ってきてしまったので今回も4つと少なめです。
また、次は10月からのアニメ。今回は固定層多めの豪華なラインナップですが
個人的には
・ロボティクスノーツ
・リトルバスターズ!
・ヨルムンガンド(2期)
・BTOOOM!
・マギ
・ジョジョの奇妙な冒険

辺りを予定しています。他はニコニコで見れそうなのを探して検討してみますね。
ロボノはブルーレイ予約しようかと考えてるくらい期待してるので超楽しみです!
スポンサーサイト

冬アニメも最終回を迎えたので感想

毎度書くのが遅れて申し訳ないです。
10月~3月まで放映されていた2クールアニメと
1月~3月まで放映されていた1クールアニメを見終わったので感想を書きたいと思います


「Another」
謎の怪奇現象により生徒達が次々と死んでいくという学園ホラーアニメ。
登場人物の中で「死者」が1人いるという作品であり、その人物は誰なのか?というトリックが非常に面白かった。きちんと見ていればこのトリックは解ける点も面白い。
俺が推理した人物が最終話でネタバレされた時に推理が当たっていて嬉しかった。
また、実は公式的にある「仕掛け」を用意してあったことも放映終了後に驚いた。
ただ、ホラーアニメなのに女性キャラ全般が変に萌えアニメしている点が気になったw。
全体的に非常に面白かった。
今度実写映画化も予定しているので見る機会あったら見たい。



「ペルソナ4」
原作付きゲームからアニメ化された作品の中では間違いなく最高峰の出来。
音楽、効果音、カットイン、ステータス、日付変更、などなど原作愛溢れた再現力がとにかく凄い。
その他、演出面でスタッフが細部まで拘っている点には感無量と言った出来だった。
むしろ、ここまで完成度を誇る原作ゲームのアニメ化を見たことがないと言っても過言じゃない。
原作のシナリオをアニメの尺で構成し直し、大切なシーンは全て再現したので
アニメ単体で見ても出来もよく十分楽しめるので文句の付けようがない。
また、グッドエンドで終わったペルソナ4だが
原作で言うところのトゥルーエンドはきちんとBlu-ray&DVD購入特典で追加されるようなので
本当にファンを大事にしているなと思う。間違いなく最高の出来。



「戦姫絶唱シンフォギア」
上松 範康+金子 彰史のワイルドアームズ+リリカルなのは+水樹奈々サウンドのコンビで作られたオリジナルアニメ。
回を増す事に面白さが跳ね上がり、面白いアニメというよりは楽しいアニメだった。
金子が関わっているだけあってワイルドアームズネタが豊富であり、何処まで拾えるかで面白さも変わる。
また、さすがは上松サウンドと言った所か音楽が非常に良い。
そこに金子節満載の台詞劇と言い回しが混ざるのだから、音楽に合わせた非常に格好いい演出になっていた。
王道一直線の熱血アニメなので、ご都合主義と言われればそれまでだが
そういうリアリティを望むのはこのアニメには間違い。
この作品はスーパーロボット+特撮のノリなのでまさに「こまけぇこたぁいいんだよ」人向け。
万人向けではないと思うが個人的には大ヒット。俺の中ではBlu-rayを買ったくらい久々にハマった作品だった



「探偵オペラ ミルキィホームズ」
キチガイじみたギャグノリは一期と変わらず、相変わらずの面白さを保っていた。
一期と比べG4の出番や、ストーンリバーとラットに出番が増えたのが良かった。
正し、ギャグを優先したため調子に乗ったしまったのか「探偵」部分が欠けて投げっぱなしで終わっている。
一期はまかりにも探偵部分を強調して起承転結にて終わらせてたので、この辺が二期の悪い部分だった印象。
途中までは最高に面白かったのだが、終盤のラードはスベっている印象しかなかった。
ただ、これはGAでも一緒だったので個人的には大きなマイナス点ではない。
俺的には一番好きな小衣ちゃんが外道っぷりに拍車がかかっていたのがすげー面白かった。
おそらく三期もあると思うので次回はきちんと探偵部分も入れてほしい。
個人的にゲーム版主人公の小林オペラやミルキィ2からの新キャラも増やして昇華していってほしい。
終盤除けば全体的には面白い方だった。



「輪廻のラグランジェ」
良くある地球人vs異星人のロボットアニメ。ジャージ部という発想はいいが
それが本編に微妙に絡んでいたり絡んでなかったりと中途半端な印象。
日常回が多く、ロボットが出てくるシーンがあまりにも少ないので後半退屈だった。
個人的にまどか達見ているよりデメトリオ3人達の心境の変化の方が大分面白かった。
やはりこういった印象からキャラは凄く立っているのだが、シナリオが中途半端。これに尽きると思う
肝心のストーリーがまどか達の設定云々を二期に丸投げして終わったしまったので
一期だけでは評価し辛い。一期だけだと期待していた分残念な出来だった。


ダンコウ
「男子高校生の日常」
今時珍しい王道ギャグアニメ。
男子のありのままの馬鹿さが妙にリアルな作品だった。
基本的に当たったり滑ったりのギャグが多めだが、そこら辺は声優陣がとても豪華なだけに
熱演が噛み合ってとても良く出来ている。あまりパロディに逃げないギャグも良い。
個人的にはミツオ君とタダクニ妹が好きだった。
監督も銀魂と一緒なので安心して見られた。
毎週安定して面白かったので可能ならば二期もやってほしい所。



「偽物語」
西尾維新ワールド全開。
別名-エロ物語。化物語と比べあざとい描写が増えまくった。特に歯磨き回は伝説。
今回は火憐と月日によるファイヤーシスターズ中心な話しとなっており
化物語では描かれなかった二人が掘り下げされていた。
ただ、化物語と比べて色んな意味で敷居が高くなったので全体的に面白さは下がっている。
このシリーズは独特な世界観を持ち、無駄な言葉遊びを楽しむ作品だと思っているので
内容云々は今更気にしていない。
この物語シリーズは後に他の物語シリーズに続いていくと思うので偽物語単体の評価はこんなもんかな。



「あの夏で待ってる」
おねティー10周年記念にておねがいティーチャーのスタッフが作った作品。
そのためおねティーを見ているか見てないかで大分評価が分かれると思う。
青春ラブコメは個人的に大好きなのだが、いくらなんでもテンプレすぎて新鮮さがなかった。
また、個人的にはおねティーでやった焼き増し加減が気になった。特に柑菜の立ち位置。
シナリオ事態はとにかく檸檬先輩がシナリオで万能すぎた。檸檬先輩が全て持っていったと言ってもいい。
個人的には、中盤の沖縄編入った辺りから退屈だったのだが最終話は本気で感動した。
ただ、この感動もおねティーありきなので、夏まちそのものの評価は低い。
登場人物をもう少し増やしていればキャラの心情など深く追求できたのかもしれない
個人的には駄作とはいかないが普通の作品といった感じ。


長くなりましたが、3月まで見ていたアニメは以上です。
特にペルソナ4は勿論としてAnotherとシンフォギアは特にハマらせてもらいました。
近々アニメイトでグッズも買いたいくらいハマらせてもらいました。
他には冬はギャグアニメが多かった印象ですね。
ちなみに、現在継続組は「アクエリオンEVOL」のみです。

また、現在4月のアニメで見始めたのは
「アクセルワールド」
「Fate/Zero」
「這いよれ! ニャル子さん」
「エウレカセブンAO 」
この辺は、切ることなく見ると思います。
他にはまだ見ていませんが、ヨルムンガンド、シャイニングハーツ-幸せのパン-
この2つも後で見ようと思ってます。

俺の好きなアニソン

最近格ゲーの記事ばっかでなので
たまには音楽関連の記事を。
たぶんYahooブログでもあんまり取り上げなかったと思いますw

俺が普段聴く曲はアニソンであることはアニソンですが
アニソンと言ってもキャラソンみたいのではなく
普通の音楽ユニット寄りの人が多いです。
そして、ここが重要なんですけど
厨ニ心が高ぶる音楽がツボです!
※厨ニ駄目な人は帰って下さい><
とりあえず適当に俺が好きな曲を紹介してみる。

「Arrival of Tears」彩音


「tRANCE」GRANRODEO


「Errand」 飛蘭


「孤高の創世」妖精帝國

どの曲も外れが無く大好きですね。
つーか全部好きすぎてどれがとか決められねぇww
基本的に
「黒」「罪」「罰」「闇」「漆黒」「残酷」「慟哭」「懺悔」「契約」など
厨ニ心震える歌詞多いとたまりませんねww。
ちなみにカラオケ言っても語れる知り合いがいませんw
ただ、アニメは好き!だがユニット名とか知らん!っていう知り合いが多いので
まぁ、主題歌を歌う作品の知名度にも反映されるんじゃないかと思います。
俺みたいに純粋に音楽単体で聴いてる人ってたぶん少数だよねw
俺はアニメを見る時に内容がクソでも歌が良かったなぁとか
見てないアニメでも曲だけ聴いたりしてます。クェイサーとかまさにそうw
他にも「fripSide」とか「eufonius」とかも好きですね。

最近では妖精帝國ハマりました。
一応『Venus Versus Virus』(ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス)という
マイナーな作品をアニメで見てた時にED歌っていた人という認識はありました。
その後黒神で知ってたけどアニメ本編見てなかったのでゆっくり聴かず。
最近になって「あいつバイト無い!」で知名度上がったと思われる未来日記のOP聴いて
「あれ?昔からこんな曲良かったっけ?」と思い他の曲もググることに。
その後はamazonでアルバムを速攻でポチりましたね。

たぶん俺は歌が上手い下手関係なく、美声に惹かれるんだと思う。
まぁ以上です。最近しょっちゅう聴いてるので記事にしたくなりましたw
あー、書いてたらまたカラオケ行きたくなってきた…

秋アニメも最終回を迎えたので感想

感想書くのが遅くなって申し訳ないです。一ヶ月は空いているため今更かよと思われるかもしれませんが
アイマスとピンドラがニコニコ動画で4週遅れての配信で見ていたため、この時期に感想を書くことになってしまいました。
7月~12月まで放映されていた2クールアニメと
10月~12月まで放映されていた1クールアニメを見終わったので感想を書きたいと思います
一応1クール終了扱いみたいなのでFateZeroもいれておきました。

アイマスアニメ終
「アイドルマスター」
原作ゲームのアニメ化では最高峰の出来だと確信している。
アイマス2で竜宮小町があんな扱いになってしまったので、伊織達をきちんと765プロの皆と一緒に
出してあげているスタッフにはアイマス愛を感じた。
キャラが全体的に多いが、きちんと1話事に各アイドル達のエピソードがあり自分達の曲をEDに持ってくる辺り
話しの構成が上手いなぁと思った。そのため誰一人として空気になってる感じはしなかった。
作画崩壊はやや見られたがその分ライブ時に全力を注いだだけあってぬるぬる動くのは本気で感動した。
また、原作と同じ曲の場合モーションが全く同じだったりと細かい動きの工夫もスタッフの頑張りように拍手を送りたい。他には生ッスかサンデーなどで春香が顔面ぶつけるネタとかは
実際中の人が本当にやったエピソードだったりと細かいネタが色々入ってるのも面白いと思った。
物語全体を通して普通にアニメ1本としても出来がよくアイマス知らなくても十分楽しめると思える作品だった。


ピンドラ
「輪るピングドラム」
「生存戦略ー!」の名台詞を生んだ隠れた名作と言った所かな。
構成が半端なく凄かった。久々に先が全く読めないアニメだった。
心理描写は深読みするとよく考えられてるなと感心する。
ネタバレになるので詳しく語れないが見る年齢によって考え方が大分変わると思う。
特に1990年代のあの事件知っているなら尚更。20代後半にこそ見て欲しいと思ったアニメ。
最後まで見るとこの作品は全体を通して「愛」がテーマとなっているんだなぁと思った。
俺自身、わからない部分が多かったが考察サイトから見ると伏線の貼り方が凄まじいなと思った。
後、ウテナ言われてるけど俺自身ウテナ見たことないのでその辺わかりません。



「Fate/Zero」
型月作品があまり好きじゃない俺が毎週楽しく見れた。
作画が綺麗過ぎ&動きすぎて感動したくらい。スタッフお疲れ様です。
凛や間桐家などFate/stay nightに続くエピソードもあったりしてその辺もきちんとネタ入っているのが面白い。
アーチャー/ギルガメッシュと綺礼の絡みとかもあり正直見るならFate知ってるなら尚楽しめる。
グロ描写は虚淵脚本なので相変わらず遠慮無しに演出してくれるのでご都合主義っぽくなくて共感持てる。
まだ終わっていない作品なので多くは語れないが
原作を読んでいないので今後の展開が非常に楽しみ。
特にライダー&ウェイバー組の今後がどうなるかが楽しみ。あんなヘタレなウェイバーだからこそ
偉大な王に認められるんじゃねーかなぁと妄想すると楽しみすぎる。
一応2クール目は4月からはじまるのでそれまでスタッフゆっくりお休み下さいw


はがないい
「僕は友達が少ない」
俺妹と似たような感じだが、あちらと違いドラマ性薄い&原作未完なのでアニメなりの終わり方を作らず
滅茶苦茶中途半端で終わってるのが残念。
原作でもまだ明かされていないエピソードらしいので仕方ないっちゃ仕方ない。
こんな名前のタイトルだが「お前等友達じゃん」ってのは作者の思い通りになると思うからタブーなんだろうねw
ギャグアニメとしては相当面白かった。
まんまモンハンやってプレイヤーキルしまくってたりロマサガネタでガチで伊藤賢治使っちゃった辺りが一番笑えた。
ただ、夜空と星奈の喧嘩漫才は毎回やるのはマンネリを感じる。
ちなみにキャラで言えば花澤病なので小鳩目当てだった。ゴスロリ厨ニ病キャラ&ヘタレ具合がツボった。
この作品は友達とわいわい馬鹿騒ぎしてるだけで面白いと思えれば良作。
逆にリアルぼっちだったりすると絶対共感出来ないと思うw


ベン・トー!
「ベン・トー」
今回の一番のダークホースだった。
スーパーにある半額弁当を食べたいがためにストリートファイトで本気で殴り合うという
発想の無駄遣いと言うなの馬鹿アニメ。作者は良い意味で馬鹿だと思う。
たかだか半額弁当を買うだけに闇の組織までいたのは本気で吹かざるを得なかったw
本人達はマジメにやっているんだ!って点は遊戯王に近いかもしれない。
個人的に白梅だけはどうしても好きになれなかった。弁当関係ないし。
また、セガネタが多く拾える自分はより楽しめた。
下ネタと馬鹿さ加減を注ぎ美味しい弁当を食べたい!と良い意味で馬鹿らしさ満載の
スカっとした気持ちの良いアニメでした。


侵略!イカ娘
「侵略!?イカ娘」
1期と同じく相変わらずのノリで安定した出来。
EDのお遊び要素も相変わらずで見ていてこいつかよwと予想外の奴が登場したりと面白い。
ラジオ体操と英会話教室の話しが個人的にツボった。
物語が進む度に少々マンネリを感じたが、似たような作品のケロロ軍曹も同じことなので仕方ないかと。
1期に比べて早苗と清美がよく出て、渚の出番が減ったという印象を受けた。
3期をやるならもうちょっと間を空けて欲しいかなというのが本音。


マジコイ
「真剣で私に恋しなさい!」
元々ゲーム版の方からギャグ作品で声優の無駄使いで有名だった本作。
パロネタありまくりでエロゲー原作付きのギャグアニメとしては面白かった。
どのキャラも濃すぎて見てて楽しかった。
ゴトゥーザ様が20分一人二役で長台詞喋りまくってたのが笑えた。お疲れ様です。
ただ、残念なのは後半、変にシリアス展開多めにいれてしまったこと。
ドラゴンボール展開よりずっとギャグアニメやっていた方が絶対面白かったと思う。
ゲーム版をやってないので今後PS3で出る予定なのでやってみたい。

今回ちょっと感想文長すぎたかな?
特にアイマスは元々興味なかったのですが、アニメ版を見て
ゲームにCDと今期一番ハマらせてもらうきっかけになった作品ですね。
2011年の秋アニメは全体的にギャグアニメ多かった印象ですね。
一部ではgdgd妖精なんかも良かったとか聞きますし。
ちなみにギルティクラウンは途中まで見てつまんなかったので切りましたw

さて、現在は1月真っ最中で既に冬アニメがはじまっていますが
現在見ているのは
「輪廻のラグランジェ」
「探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕」
「あの夏で待ってる」
「戦姫絶唱シンフォギア」
「アクエリオンEVOL」
「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター」
続投「ペルソナ4」
続投「機動戦士ガンダムAGE 」


AGE、SEEDHD、ラグランジェ、アクエリオンと久々にロボットアニメ多いので
スタドラ以来でテンション上がってますw
シンフォギアもワイルドアームズファンとしては個人的に楽しんでます。
最近はシュタゲ、ペルソナ4、アイマスと原作ゲーム付きが出来る範囲に最大限にアニメ化に当たって
演出してくれるのでゲーマーとしては感無量です。
原作ゲームは昔アニメ化した時は大体酷かったのからねぇ…

長くなりましたが以上です。

夏アニメ最終回迎えたので感想

4月~9月まで放映されていた2クールアニメと
7月~9月まで放映されていた1クールアニメを見終わったので感想を書きたいと思います

アイマスとピンドラは現在放送中で継続組として扱っているため感想を書くのは12月になると思います。
感想文は全話見てること前提で語ってますが、一応ネタバレらしいネタバレはなしで話しています。
それでは、長文ですがお付き合い下さい。


日常あ
「日常」
京アニだからか「けいおん!」の名残りで狙ったあざとい博士となのの
萌えキャラプッシュは本来そういうノリの作品じゃないので
原作ファンも萌え目当ての層も得しない結果になった。
逆に京アニというハードルの高さを上げてしまったせいで期待して落胆した人が多かったのか。
その結果が売り上げに繋がってしまった様子。
作品自体は最初は敷居高いけど「日常独特の空気」に慣れれば笑いのツボが理解出来るアニメ。
このノリを掴めない限り楽しめないし、面白くないと思う。私も最初はそうだった。
また野沢雅子はじめとする大御所声優人による次回予告のお遊びや
曲に中島みゆきを使うなど、無駄な所に力を入れる様は拍手を送りたい。
ちゃんみおこと長野原みおが出てくるシーンは個人的に大体笑えた。
リアクションデカいのと声優の熱演には感服。毎週楽しく見れたギャグアニメでした。


シュタゲ
「Steins;Gate」
かつてここまで原作再現力が最高峰のノベルゲームのアニメ化があっただろうか…
俺も色んな原作ノベルゲームのアニメ化は見てるけど大抵1クールで端折らせて終わらせて酷い出来だったり
2クールだけどメインヒロインだけのルートは完璧みたいなパターンあったけど。
ここまで最大限な範囲でアニメ化してくれて本当に良かった。
俺も最初はアニメ化と聞いて絶対「こりゃ無理だわ。期待せずに見よう」って感じでした。
一応、シュタゲは基本トゥルーまで一本道なんで再現しやすかったと言えばしやすいので
そういう点は恵まれたのかもしれません。個別ルートなんて、無いに等しいし。
勿論削られた重要なシーンは色々ありますがアニメという媒体使ってる時点で
全部詰め込むなんて無理です。逆に詰め込みすぎるとバランス崩すだけですし。
見せ場であるシーンを重視しまくってどうでもいい所を省いたのは最善の策でしたね。
逆に原作では再現されなかった所も保管するというサプライズもあって嬉しかった。
唯一悪い所は、第一印象であるアニメ化にあたってのキャラデザですかね
これはどんな原作ゲーム>アニメ化にあたっても慣れれば問題ない部分ですけど。
このアニメをきっかけにハマった層も多いし、アニメだけでも十分満足出来た人も多いし。
間違いなく原作ノベルゲームのアニメ化では最高峰の出来かと


花作黒
「花咲くいろは」
昼ドラアニメと言われてるだけあって人間ドラマを重視している印象。
テーマとなっているのは「仕事」や「成長」でしょう。
主人公である緒花が喜翆荘に来たことをきっかけに様々な経験や考え方を学んでいく様や。
また他の喜翆荘の登場人物も1人1人のドラマがあってリアルに描かれていました。
裏の主役は四十万スイこと女将でしょう。
このアニメで素直に評価したい所は登場人物のブレない所ですね。
憧れの人物の影響などによっての成長は描かれていますが
性格が丸くなるとか、考えが変わったとかそういうのはなかったです。
緒花、民子、縁なんかは特に変わってなかった所がご都合主義っぽくなくて良かった。
最終回で「花咲くいろは」の意味がわかって感動しましたよ。
てっきり女将死亡→緒花が継ぐ。意味-花咲くいろはだと思ってましたから。
人が死なずに感動を作ったのは、1本やられたなーという感じです。
仕事に対して考えが変わると思うアニメでした。


アッカリーン
「ゆるゆり」
「アッカリーン」をはじめとした「主人公の扱いが酷い」という
新しいギャグの立ち位置で作品単体の個性として成功した。
百合が苦手な人も他と比べると薄めなので許容範囲だと思う。
「知らんがな」「ねーよ」とか結構唐突に鋭く突っ込むので油断してると吹くw
きちんとタダの萌えアニメにならずギャグアニメとしてのペースを落とさなかったのは偉い。
完成度が高いのであまり悪い所はなかったが
あえて悪い所をあげるとすれば、千歳の鼻血ギャグが少々くどかったかなという所。
バラエティ番組のお笑い芸人もそうだけどマンネリ化してしまうからね。
さようならアッカリーン。君のことは忘れない。
2期に期待!



「神様のメモ帳」
製作サイドがJ.Cなため、「シナリオは原作通り一応なぞるよ!。でも可愛さ重視な!」
みたいな描写がこの作品の波長と合ってない。
探偵ものを扱った作品で自殺、麻薬、やくざなど裏社会に対抗していく
設定は超好みなのだが、規制が厳しい近年では説明不足や表現が仕切れていない部分が多かった。
正直、スタッフに恵まれていない不遇アニメ。
設定は滅茶苦茶いいので製作スタッフさえきちんとしてれば化けたのかな?と思う。
また、アニメより映画かドラマの方が需要ある気がした。
アニメにするんだったらOVAとの方が合っている気もした。
所々の結末は意外性が強く、これは原作補正で面白いんだろうなというのが見ていて何度も思った。
神メモに限ったことではないのが、こういう「原作は面白い」「アニメは出来が悪い」っていうのは
原作のイメージを落としかねないので、こういう改悪はやめた方がいいと思う。
本当に「誰得」状態。正直勿体ないってのが本音。



「セイクリッドセブン」
サンライズならではのアクションシーンはさすがと言うべきか安定している。
だが、1クールゆえにストーリーが薄く登場人物も少ない。
くわえて安直な黒幕でオチが読めてしまうという。王道とも言う。
だが、構成はしっかりしており1クールの都合上こうするしかないので仕方がないかなという感じ。
一言で言えば尺が足りてないwこの一言に尽きる。
また、ヒーロー物なのに「決め台詞」や歴史的に残りそうなネタがないため全体的に印象が地味。
最低何かしら「決め台詞」は欲しかった。アルマ本人の台詞の印象が薄すぎるw
何故2クールにしなかったという率直な感想。それゆえに勿体無さが悔やまれます。
一応次回作のようなネタはあるので発展次第ではメディア展開も大きく変わるかも?



「森田さんは無口。」
どうやら「。」までがタイトルらしい。「もりたさんはむくちまる」が正式名称w
放映時間たったの3分なのでこの作品に関しては本当短すぎて
感想らしい感想できないんだよなぁ。突然終わるからオチが見つからない時もあるし。
内容事態は「良くも悪くも気軽に見れる」というのは良いことかな。
バラエティ番組の合間にやっているアニメって感じのノリで何処か懐かしかった。
後、しばいぬ子のねんどろいどエリーの宣伝は面白かったw
2期も早速はじまっているので続きも見たいと思います。



「神様ドォルズ」
上手く張られた伏線と物語の引き込み方が上手い。
シリアス展開とコメディ展開の混ぜ方が上手く見ていて退屈にならない。
元々の原作が面白いのもあるのだろうけど、EDへの入り方とか
次回を見たい!という気にしてくれる出来。
また登場人物が増えるにつれ徐々に完成していくOPの映像など芸が細かい。
元々原作の漫画が完結していないのでアニメの方は中途半端で終わっているが
最終話では原作改変することなくあえて忠実に再現して終わっている所が逆に良い。
オリジナルで終わらせると2期の可能性ないしねw
2期は大分先になるだろうけど確実にあるはず!。むしろなかったら詐欺レベルw


しかし、見る前と見終わった後の感想が大分違くてワロタw
セイクリ期待外れ、ダンタリアンに至っては切ったという。
ロウきゅーぶはちょこっと見たけどスポーツ物を被ったキャラ物なので切った。
「花咲くいろは」「ゆるゆり」「シュタインズゲート」の3つは完成度高いのでオススメです。

そして秋アニメの視聴予定と継続組一覧↓
現在視聴継続中
アイドルマスター(現在11話まで見た)
輪るピングドラム(現在8話まで見た)

10月からの新規追加アニメ
侵略!?イカ娘
ペルソナ4
たまゆら
Fate/Zero
真剣で私に恋しなさい!
ギルティクラウン
ガンダムAGE
僕は友達が少ない
森田さんは無口。2


こんな感じです。
また、いつものことながらつまらなかったら切ったり、予定になかったものを新しいのに追加したりと
状況によって変わってくると思います。
長文になりましたが、この辺で終わりたいと思います。
プロフィール

マーチン

Author:マーチン
家庭用ゲームからアーケードゲーム。同人ゲームと様々な
ジャンルのゲームをプレイしてるゲーマーのブログです。
基本的にはRPGと格闘ゲームが大好きです。
また、アニメや漫画も大好きです。
基本的はゲームのことばかりですが、たまに日常的な記事も取り上げていきます。
コメントやリンクなど大歓迎です。お気軽にどうぞ~

Twitter
Xbox360 ゲーマーカード
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない応援中
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
アクセル・ワールド-応援中
アクセル・ワールド
シュタインズ・ゲート応援中
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
ゆるゆり応援中
TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
AQUAPAZZA 応援中!
AQUAPAZZA PlayStation®3|AQUAPLUS
英雄伝説 碧の軌跡 応援中!
英雄伝説 碧の軌跡
Dies irae ~Amantes amentes~応援中
Dies irae ~Amantes amentes~応援中!
リベリオンズ 応援中
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。